大好きな絵本

0
     小国より大国、中小企業より大企業、そして経済成長が何よりも優先的。負け組、勝ち組の言葉に現れているように、現代は何かと日向の存在が絶対という価値観がある。勿論、お金は無いよりあったほうがいい。たとえば絵本の場合、多くの人が心打たれ、魂をゆすぶられる作品のほうが、出版社にとっても私たち読者にとってもうれしい。
     そんな秀逸な絵本が日向の存在だとすると、勿論日陰の絵本もある。むしろ、こちらの方が数多く存在する(誤解しないでほしいのだが、日陰だからといって必ずしも劣る絵本、ということではない)。日向と日陰の境界線は、販売冊数で決まる。聞いた話では、初版から1週間の売れ行きで、その後絶版になるか再び書店に並ぶかが決まるそうだ。

     ところで、「だるまちゃんシリーズ」でおなじみのかこ さとしさんの新刊絵本が、昨年から今年にかけて続々出版されているのはご存知だろうか。主に、かこさんが約40年前に書いた絵本の続編である。「からすのパンやさん」「どろぼうがっこう」「あおいめのめりーちゃん」(以上全て偕成社)など。かこさんは、新聞のインタビューで「描きたいものがまだ300ほどある」と語っている。88歳にしてこの創作意欲。子どもの興味に応える作品作りに情熱を傾けているからこそだろう

     前述の「だるまちゃん」シリーズ最新版である「だるまちゃんとにおうちゃん」が、2014年7月号として福音館書店の月刊絵本「こどものとも」版で出版された。新しいだるまちゃんのお話が読める。それは子どもだけでなく、だるまちゃん絵本を読んで育った私たち大人にとっても嬉しいニュースだ。福音館書店の月刊絵本は、出版されてから人気のある作品は「こどものとも傑作集」としてハードカバー化し、出版される。もちろん、過去のだるまちゃんシリーズも全部ハードカバー化されている。

     月刊絵本こどものともは、読者の人気が高くハードカバー化をのぞまれているのにも関わらず、実現されていない絵本も数多くある。個人的には、菊池日出夫さんの「のらっこシリーズ」である。このシリーズは、菊池さんの幼少期の思い出をベースにした物語。長野県南佐久郡の自然の中で育つ子どもたちのお話だ。

     菊池さんは、2000年発売のこどものとも(年中向き)176号「ラッキー」折り込みふろくでこう語っている。「人が自然の中で、潜在意識の奥深い所で、生命体としての安心感を抱いて生きていた、そういう時代の空気が、今の子どもたちに伝わればと願っている。」山で野良犬の子どもを拾って育てるこのお話は、私も過去に野良犬を拾った経験や飼い犬との思い出に浸りながら読みふけった。本作以外にも、のらっこシリーズでは自然と子どもとの関わりや、人同士の関わりがイキイキと描かれている。

     子育てにおいても、生活の中で色々なことが出来るようになるハレの成長と共に、嫌々や駄々こねなどケの成長も、子どもにとっては大事な人生の局面である。日向と日陰、ハレとケ。光と影は絵本や子どもにもつきものだが、どちらも大切な存在である。もし、月刊絵本でハードカバー化された絵本が日向の絵本で、そうでない絵本が日陰の絵本だとしたら、私は日陰にそっと彩りを添える絵本も大好きだ。




     

    絵本で感じる『言葉の響き』

    0
       先日、絵本講師の会「絵本で抱っこ」の支部会がありました。
      支部会では、会員がそれぞれ好きな絵本を持ち寄り皆に紹介
      するのが習わしです。
      私は今回、大島妙子さんの「わらっちゃった」を紹介しました。

       
      (「わらっちゃった」についての過去記事はこちらからどうぞ)

      子どもが絵本に慣れ親しんでくると、お話の内容や絵だけなく
      言葉の響きにも敏感に反応するようになります。
      この「わらっちゃった」を読むと、2人の娘がくすくすくすくす
      笑うのです。内容もさることながら、その言葉の響きが面白くて
      何度も「読んで!」とリクエストされたのではないか?ということ
      を発表しました。

      すると、Tさんがこんなことを教えてくれました。

      作者の大島妙子さんは40代で落語に魅了されて、一時期頻繁に寄席に
      通っていたそうです。
      現在も、落語についてのワークショップのようなものを開催されて
      いるようで、精力的に活動されているみたいです。
      この「わらっちゃった」以外にも何冊か落語関連の絵本を出版されて
      います。
      この絵本の独特の言い回しも落語の影響なのではないか?とTさん。

      落語は「言葉の芸」と言われるように、その独特な言葉や言い回し
      が伝統的に受け継がれ親しまれてきたものですよね。
      だから、子どもは言葉の響きに反応して笑ってくれるんだな〜って実感
      しました。

      落語好きの大島さんの絵本を読むことで、言葉を楽しく学ぶ礎に
      なってくれるといいな、と思うと同時に日本語の面白さも再発見
      できました。Tさんありがとうございます!


      絵本に対する基本的な思い(1)

      0
         夏休み、夫の実家栃木県に帰省した時の話です。
        居間で朝ご飯を食べながら、ワイドショーを見ていた時のこと。

        ライフラインのない暮らしを体験する6人家族のドキュメンタリー
        を放送していました。

        電気もガスも水道もない古民家に、和服姿で過ごす6人。
        薪割り、火付け、水汲み・・

        便利さの恩恵に預かっている都会の暮らしとは打って変わり、
        大変な労働です。
        でも、大変なんだけど何だか家族の皆さん、とっても楽しそう
        なんです。

        その楽しそうな姿に加えて、体験を終えた後のお母さんの感想が
        とても印象的でした。

        「大変だったけど、労働を家族で共有する中で
        会話がとても
        増えた。
        家族の絆がちょっと強くなったような気がします。」


        昔の暮らしを体験する上で、会話が増えた。
        ご家族にとって、この気付きはとても大きいものだなと思いました。

        この話が物語るように、現在家庭には言葉が少なくなってきています。

        昔のように、やることがたくさんあり、人と人とが協力しなければ労働が
        成立しづらかった時代には、コミュニケーションの場がたくさんありました。
        しかし、現在は機械が何でもやってくれます。日々の行いの中で人々の
        関わりが減っているのです。

        そして、交通の発達・ライフラインの普及・そしてメディアの多様化など、
        便利になって時間が空き、その分楽しいことにたくさん時間を使うように
        なったのです。

        便利になったことはとても有り難いし便利。私もそう思います。
        しかし、人と人との関わりが希薄になってしまうことは事実です。

        社会の最小単位である家庭は、子どもにとってコミュニケーション力の
        礎(いしずえ)になりますし、言語獲得の最初の場です。また、両親から
        授かる無償の愛を感じる重要性も、忘れてはならないでしょう。
        その手段が「言葉掛け」や「コミュニケーション」なのです。

        そこに言葉が少なかったら?コミュニケーションが少なかったら?
        子どもは愛を感じるでしょうか、世に出てから他人とコミュニケーション
        をうまくできるでしょうか?

        昨今、引きこもりやニート、自殺者増加や犯罪の低年齢化が増えているのは
        周知の事実です。
        そして、専門家の分析や追跡によって、彼らは幼少時の両親や人との関わりが
        希薄であったという報告がされています。
        人と関わるのが苦手な若者が、今とても多いのです。

        便利さの恩恵を受けている現代は、「意識的」に人と会話したり、関わったりする
        ことが大変重要になってきます。
        そこで、私は親子のコミュニケーションツールとしてぜひ絵本を使って頂きたいのです。
        勿論、絵本以外の方法でも構いません。
        ご家族にとって一番やりやすい方法を見いだされるのが一番。

        ちなみに私は幼少時、家庭で絵本を読んでもらったことがありません。しかし、
        両親、特に父親が夕食後に子どもたちを呼び、その日あったことや思ったことなどを
        よく話してくれたものです。

        是非、皆さんご家庭に言葉とコミュニケーションを取り戻してください。
        よろしくお願いします。

        一番好きな作者と作品

        0
          こういう仕事をしていると、かなりの確率で
           「一番好きな作者はどなたですか?」
           とか 「一番好きな絵本はどれですか」
          と聞かれることが多いのです。

           ということで、私が一番好きな作者と絵本を
          ご紹介します。

           私は、古き良き日本の文化や伝統を、絵本の中
          で伝えている作品が大好きなんです。

           一番すきな作者・・・太田大八さん!
          一番すきな絵本・・・「だいちゃんとうみ」


           

          この絵本は、昭和一桁の時代、太田さんが実際過ごした
          長崎での体験をお話にしたものです。

          美しい海、美しい子どもたち、そして肉親の愛。
          何気ない田舎の風景や人情だけど、今の私には
          とてつもない恩恵だな〜って。

          さりげないあたたかさが伝わってくる絵本です。
          この絵本を子どもたちに読む時に、
          「昔の海はこんなに綺麗だったんだねえ」と
          海の美しさを話すことが多いです。
          こんなに綺麗な海、入ってみたいな。

          1

              

          amazon

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
            川口結実
          • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
            ふくちゃん
          • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
            川口結実
          • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
            安村秋子

          recommend

          recommend

          recommend

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM