「ぐぎがさんとふへほさん」

0


    子どもたちが、学校や保育園で読んでもらっておもしろかった、という感想を元に
    絵本を購入することが多いです。

    この絵本も、そのうちの一冊です。書店ではよく見かけていたけど、
    「買おうかな、どうしようかな・・・」と優柔不断なままで時は過ぎ・・・



    ある日次女が「ふはよー」と、ふへほさんの言い方のまねっこをしていました。
    聞いてみると、「最近よく読んでもらっていてお気に入りの絵本」なんだとか。

    お気に入りなら購入しなくては!いい大義名分ができたのですぐに書店に走りました。

    ぐぎがさんとふへほさんは、とてもなかよしで、どうやら一緒に住んでいるようです。


    にしむらあつこさんの絵は、黒と白の使い方、そして線の太さが特徴的。
    私は、にしむらさんの絵を見ていると、何故か北欧のファブリックを思い浮かべます。

    見る人をハッとさせるハッキリとした描き方だからでしょうか。
    子どもたちもきっと、そんなタッチに引き込まれるのでしょう。
    岸田衿子さんの文が一層、お話に夢中にさせられます。

    次女はお話を殆ど暗記していて、最近は読むのを奪われてしまいます。
    子どもの一生懸命さが伺えて、いじらしくて、とても可愛いです。
    絵本の世界に引き込まれてお話にどっぷり浸る姿を見ると、いい子ども時代だなと
    しみじみ思います。(手前味噌ですが)

    長女はというと、
    「ぐぎがさんとふへほさんて、なかよしで一緒に住んでいるってことは、恋人よね?」
    なんて大人びたことを言っています。
    絵本から男女の関係まで読み取ろうとするなんて、成長したんですねー・・・。
    次女がそんなことを思う日も近いのでしょうか。




    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

        

    amazon

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      ふくちゃん
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      安村秋子

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM