ひ・み・つ

0




    人の人生は長い。
    20代の頃はそう思っていました。

    しかし、
    子どもが産まれ、アラフォーの
    仲間入りをした今はだんだんと
    「人生ってやつは有限なんだ」
    と実感するように。

    特に、細胞分裂を繰り返して
    ぐんぐんと成長していく子ども
    たちをみていると、
    「ひとの成長は早い」と共に
    「人生は決して長くはない」
    と自分の今後の人生について
    考えさせられます。

    この絵本は、40年前に夫を亡くした
    おばあちゃんが、もう一度
    おじいちゃんと会いたいという
    お願いを、お孫さんがおまじないで
    叶えてあげるお話です。

    最後にはおばあちゃんは若い頃
    に戻っておじいちゃんとダンスを
    します。

    ある時期、我が家の姉妹が大変
    気に入って、数日連続で読んだほど
    人気がありました。

    私は、夫と知り合ったばかりの頃
    のことや、自分の両親が若い頃
    こんな感じだったかも、と
    過去に思いを馳せたのですが、
    子ども達の心にはどう響いて
    いるのでしょうか?

    もう少ししたら、そんな話をできる
    んじゃないかなと今から楽しみです。

    ファンタジーですが、子ども心には
    矛盾のない範囲内の「ファンタジー」
    だと思いました。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

        

    amazon

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      ふくちゃん
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      安村秋子

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM