『3びきのうさぎ』入荷しました

0


    こちらは、ハンガリーの詩人「ゼルク・ゾルターン」が文を担当し、
    ハンガリーの画家「レイク・カーロイ」が絵を担当した絵本です。

    レイク・カーロイさんは数多くの本や絵本の挿絵に携わった方で、
    愛嬌のある動物や自然の絵は、子どもだけでなく大人の心に響き
    ます。ハンガリーでは多くの人に愛されている画家だそうです。

    実は、私も彼の絵に魅了された一人です。
    長女が小学校に入学し、絵本と児童書の移行期に、ふと手にとった
    本がこちら。



    「とんぼ島のいたずら子やぎ」です。自然溢れる「とんぼ島」の
    風景や、活き活きとした動物たちの描写が素晴らしくて、親子で
    お話の世界にぐーっと引き込まれたことをつい昨日のことのように
    思い出します。

    また、いたずら子やぎの揺れ動く子ども心がすごくリアルで、きっと
    この気持ちは子どもの心に同調するだろうと実感しました。
    こちらは、文を「バーリント・アーグネシュ」さんが担当しています。

    当時、作者たちの技術力もさることながら、ハンガリーの文学的、
    芸術的な面にとても惹かれたものです。

    そこで、レイク・カーロイさんが担当した絵本や児童書を探して
    みましたが、残念ながら翻訳本はありませんでした。

    この世界観を日本の子どもたちにも味わってほしいのに、残念だなと
    思いました。

    現在は出版不況ですし、絵本は他の本と比べて比較的単価が高い
    書籍なため、縮小の傾向にあるからでしょうか。

    お金には替えられない幼少期の情緒の育みを奪われてしまうのは、
    非常に残念だなとしょげた記憶があります。

    ここで私のハンガリーに寄せる想いは一旦引っ込んでしまい、日本の
    伝統や風習を感じられる絵本に気持ちがシフトしていきました。

    しかし、ここにきて「3びきのうさぎ」発売です!
    この絵本を見かけて再び大興奮し、娘たちとわくわくしながら本を
    開きました。
    うさぎが吹聴したデマによって、最終的に自分たちを射る狩人さえもが
    デマにだまされ家に帰ってしまった、というお話です。

    「とんぼ島のいたずら子やぎ」はボリュームがあってまだ読めない、
    そんなお子さんに是非。レイク・カーロイさんの世界観を味わって
    みてください。

    私はまた再び、ハンガリーに想いを馳せてみようと思います。

    コメント
    コメントする








       

        

    amazon

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      ふくちゃん
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      安村秋子

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM