おれがあいつであいつがおれで

0



    長女は小学校3年生。本を読むのが三度の飯より好きな、まさに「本の虫」です。
    「おれがあいつであいつがおれで」は、男の子と女の子の体と心が入れかわって
    しまう性転換フィクション(当たり前ですね)作品です。

    私と同世代の方は大林宣彦監督作品である「転校生」をご覧になったことが
    あるかもしれません。小林聡美さんがパンツ一丁で、鏡にうつった自分の乳房を
    見て「バン!」と叩いて驚く姿が印象に残っています。

    書店でこの本の題名を見た時、すぐに「転校生の原作本だ!」とわかりました。
    娘に「この本、ママが小さい頃映画になったお話なんだよ、読んでみる?」と
    すすめると、「ほしい!」と乗り気。

    以前、こちらの記事でも触れた気がしますが、我が家ではお店で「買って」と
    言われたものを、次にそのお店に行った時にも物欲が続いているかどうかで
    購入を決める「習わし」があります(「俺は違う」と夫から苦情がきそうですが)。

    この本も、「じゃあ、次本屋さんで見かけて覚えていたら買ってあげる〜♪」と
    話をして本屋を後にしました。

    先日、違う書店に行った時、入り口ですぐさま「ママ!、あの心が入れ替わっちゃう
    お話買ってよ!」と娘に言われました。
    よほど、話の内容に興味を抱いたのでしょうね。さっそく購入し、帰りの車
    の中で既に読み耽っていました。

    最初に章をばらばらに拾い読みし、その後は通読して、その次はじっくりゆっくり
    読んでいるようです。
    つまり、そこまで彼女の心をつかんだ本さすが、30年以上読み継がれて
    いるベストセラーです。

    そこまで読み込んでいるので、時々面白い箇所を紹介してくれる長女。
    「『チン●コ』って言葉が何度も出てくる!」
    「おばあちゃんが昼寝している時に、口の中にたくさん蠅が入って云々」
    純児童文学にはおよそ出てこない奇抜な言葉や表現、設定が、彼女にとっては
    とっても可笑しいようです。

    親としては、「え?『チン●コ』??」「殺虫剤で殺しちゃった?おばあちゃんを?」
    と、「はてな」がたくさんです。そんなお話だったっけ??

    こんなお話が、児童文学でいいのかな〜・・と思うのは親心で、子どもにとっては
    ワクワクするのでしょうね。この世界は深いですね・・

    児童文学は未知の世界。これから子どもたちと開拓していくのが楽しみです。
    映画の記憶が薄れているので、長女が読み飽きたら貸してもらって読んでみます。

    ちなみに、こちらのお話の原作者 山中恒さんは、私の大好きな絵本の一つ
    「ハルばぁちゃんの手」をお作りになった方です。




    TVドラマ「あばれはっちゃく」もお作りになっていることを知り、幼少〜成人
    とお世話になっているなと実感しました。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

        

    amazon

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      ふくちゃん
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      川口結実
    • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
      安村秋子

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM