子どもが絵本を読む様子

0
    我が家の娘たちは、大人によく絵本を読んでもらっているからか、
     誰かに絵本を読んであげるのも大好きです。
    保育園でも先生がよく絵本を読んでくれるので、その「あこがれ」
     や「まねっこ」もあるのかも。
    こんな感じで、時々一人で読んでいますよ↓


    「きつねのおきゃくさま」
    (あまんきみこ:作 二俣英五郎:絵 サンリード )
    という、ちょっとせつない内容の絵本を読んでいます。
    ちなみにこの絵本、絵本講師・養成講座ので同じグループ
    のOさんが教えてくれた絵本です。
    (Oさんお元気かな〜)

    食後の愉しみ

    0
       最近、絵本も含めた書棚の整理をしました。
      ジャンルはあまり詳細に分けていませんが、こだわったのは絵本の
      高さ合わせ(笑)
      高さを合わせるだけでも、棚がスッキリ見えるから不思議です。

      絵本大好き 川口結実 絵本講師
      下から三段目まで、横は5段が全部絵本と児童書。
      もう絵本専門店「絵本大好き!」は在庫たくさんです。


      川口結実 絵本講師
      さて、整理した日の夜から、次女が絵本をたくさん引っ張り出して
      くるようになりました。

      整頓のお陰で、タイトルや背表紙の雰囲気がよく分かるからでしょうか。
      床の上は絵本だらけ。
      そして食後は、そこからピックアップして絵本をぱらぱらめくって
      います。
      今夜は「11ぴきのねこ」をみていました。


      アーサービナードさんと大道あやさん

      0
        ちょっと前のお話ですが、埼玉県にある丸木美術館
        行ってきました。

        詩人のアーサー・ビナードさんが大道あやさんについて
        語るというので、もう行きたくて行きたくて。

        アーサー・ビナードさんはアメリカ人の日本語詩人家で、
        私は「ここが家だ 〜ベン・シャーンの第五福竜丸〜」
        という絵本で彼のことを知りました。

        日本人以上に日本語を愛し且つ正しく使う彼に驚愕し、
        ただならぬ興味を持ったのです。

        今回は、画家の大道あや展にちなんだ講演会でした。

        大道さんは60歳から絵を描き始めた遅咲きの画家ですが、
        人生の悲喜こもごもを体験し尽くした年代から描き始めた
        彼女の絵からは、かの巨匠クロード・モネも霞むような
        迫力を感じる!
        とアーサーさんは語っていました。


        アーサー ビナード 川口結実 絵本 丸木美術館
        大道あやのパネル展示「けとばし山」や「軍鶏」などの
        前で語るアーサーさん

        残念ながら、この後の近現代史評論家の小沢節子さんの
        講演と、お二人のクロストークは聞けませんでしたが、
        短時間でも行って良かった・・と感激でした。

        丸木美術館は、環境や最寄り駅からのアクセスや展示内容も
        含めて、これから何度も足を運びたい魅力的な場所でした。
        日本人なら、一度は足を運ぶべきと思いました。
        丸木美術館の基本的な情報は、ぜひこちらをご覧ください。

        絵本に対する基本的な思い(1)

        0
           夏休み、夫の実家栃木県に帰省した時の話です。
          居間で朝ご飯を食べながら、ワイドショーを見ていた時のこと。

          ライフラインのない暮らしを体験する6人家族のドキュメンタリー
          を放送していました。

          電気もガスも水道もない古民家に、和服姿で過ごす6人。
          薪割り、火付け、水汲み・・

          便利さの恩恵に預かっている都会の暮らしとは打って変わり、
          大変な労働です。
          でも、大変なんだけど何だか家族の皆さん、とっても楽しそう
          なんです。

          その楽しそうな姿に加えて、体験を終えた後のお母さんの感想が
          とても印象的でした。

          「大変だったけど、労働を家族で共有する中で
          会話がとても
          増えた。
          家族の絆がちょっと強くなったような気がします。」


          昔の暮らしを体験する上で、会話が増えた。
          ご家族にとって、この気付きはとても大きいものだなと思いました。

          この話が物語るように、現在家庭には言葉が少なくなってきています。

          昔のように、やることがたくさんあり、人と人とが協力しなければ労働が
          成立しづらかった時代には、コミュニケーションの場がたくさんありました。
          しかし、現在は機械が何でもやってくれます。日々の行いの中で人々の
          関わりが減っているのです。

          そして、交通の発達・ライフラインの普及・そしてメディアの多様化など、
          便利になって時間が空き、その分楽しいことにたくさん時間を使うように
          なったのです。

          便利になったことはとても有り難いし便利。私もそう思います。
          しかし、人と人との関わりが希薄になってしまうことは事実です。

          社会の最小単位である家庭は、子どもにとってコミュニケーション力の
          礎(いしずえ)になりますし、言語獲得の最初の場です。また、両親から
          授かる無償の愛を感じる重要性も、忘れてはならないでしょう。
          その手段が「言葉掛け」や「コミュニケーション」なのです。

          そこに言葉が少なかったら?コミュニケーションが少なかったら?
          子どもは愛を感じるでしょうか、世に出てから他人とコミュニケーション
          をうまくできるでしょうか?

          昨今、引きこもりやニート、自殺者増加や犯罪の低年齢化が増えているのは
          周知の事実です。
          そして、専門家の分析や追跡によって、彼らは幼少時の両親や人との関わりが
          希薄であったという報告がされています。
          人と関わるのが苦手な若者が、今とても多いのです。

          便利さの恩恵を受けている現代は、「意識的」に人と会話したり、関わったりする
          ことが大変重要になってきます。
          そこで、私は親子のコミュニケーションツールとしてぜひ絵本を使って頂きたいのです。
          勿論、絵本以外の方法でも構いません。
          ご家族にとって一番やりやすい方法を見いだされるのが一番。

          ちなみに私は幼少時、家庭で絵本を読んでもらったことがありません。しかし、
          両親、特に父親が夕食後に子どもたちを呼び、その日あったことや思ったことなどを
          よく話してくれたものです。

          是非、皆さんご家庭に言葉とコミュニケーションを取り戻してください。
          よろしくお願いします。

          螢▲襯織梗膾邸岾本講座」開催です

          0
             埼玉県所沢にて絵本講座です!
            お呼びいただき感謝です。

            螢▲襯織梗膾邸.僖僖泪濤嶌
            「親子で絵本を楽しむ方法」講座

            日時:2011年10月26日(水)
               10:10~11:55
            場所:所沢公民館 学習室4号
            費用:無料
            詳細・お申し込みは、螢▲襯織垢離曄璽爛據璽犬
            ご覧ください。

            川口結実 絵本講座 埼玉
            画像をクリックすると、リンク先に飛びます。

            「いそいその会」主催「絵本で子育て」講座

            0
               祖師谷大蔵を拠点とした子連れ勉強会
              「いそいその会」さん主催の絵本講座で、
              講師をやります。

              「絵本で子育て」講座


              日 程:2011.10.31(月)
                 9:30〜11:00

              場 所:砧地区会館 和室

              住 所:世田谷区砧8丁目2番21号
              ※小田急線「祖師谷大蔵駅」より徒歩7分

              参加費:1200円

              お申込先→u1117-maple☆ezweb.ne.jp
              (☆を@にかえて送ってください)
              平川さん宛
              ,名前△子様の月齢をお知らせ下さい。

              ※子連れの方を優先的に受け付けています。
              また保育はしておりませんのでご了承下さい。

              お一人でも多くのご参加、お待ちしています!

              川口結実 絵本 講座

              一番好きな作者と作品

              0
                こういう仕事をしていると、かなりの確率で
                 「一番好きな作者はどなたですか?」
                 とか 「一番好きな絵本はどれですか」
                と聞かれることが多いのです。

                 ということで、私が一番好きな作者と絵本を
                ご紹介します。

                 私は、古き良き日本の文化や伝統を、絵本の中
                で伝えている作品が大好きなんです。

                 一番すきな作者・・・太田大八さん!
                一番すきな絵本・・・「だいちゃんとうみ」


                 

                この絵本は、昭和一桁の時代、太田さんが実際過ごした
                長崎での体験をお話にしたものです。

                美しい海、美しい子どもたち、そして肉親の愛。
                何気ない田舎の風景や人情だけど、今の私には
                とてつもない恩恵だな〜って。

                さりげないあたたかさが伝わってくる絵本です。
                この絵本を子どもたちに読む時に、
                「昔の海はこんなに綺麗だったんだねえ」と
                海の美しさを話すことが多いです。
                こんなに綺麗な海、入ってみたいな。

                10月29日 祖師ケ谷大蔵で絵本講座開催です

                0
                   祖師ケ谷大蔵の子育て支援をされている
                  「いそいその会」さん主催の絵本講座で、
                  講師をさせていただきます。

                  今回は「絵本で子育て」講座と題して、
                  読み聞かせ方の実演や、なぜ絵本が親子
                  にとっていいのかという理論的なお話を
                  交えながら、日常に簡単に取り入れられる
                  絵本で子育ての方法をお話します。

                  実際の絵本の選び方も、お伝えしますよ。

                  募集要項や場所の詳細は、会場が確定
                  し次第アップいたします。

                  10月26日 埼玉にて絵本講座やります

                  0
                     今年の6月まで、経堂「ソーシャルエナジーカフェ」
                    にて「親子で絵本を楽しむ方法」講座という名前で
                    大人向け絵本講座を開催していました。

                    ある日、お一人だけの参加だったのでマンツーマンで
                    講座をひらいたことがあります。

                    その時の参加者Aさんが、地元埼玉の子育て支援を
                    お仲間とスタートするということで、私を講師として
                    お招きくださいました。

                    ご縁とは不思議なものです。Aさんに感謝です

                    日程が決っているのですが、講座名や内容の詳細が
                    まだなので、決まり次第アップします!

                    絵本セレクトのお手伝いします

                    0
                      私は、仕事柄他店の絵本コーナーで商品チェックをするのが日課です
                      特に、近所の書店数店はほぼ毎日、巡回して商品を一通りのぞいています。

                      すると、老齢のご夫人(もしくはご主人)らしき方が、何やら不安げに
                      絵本コーナーで右往左往する姿を見かけるのです。

                      大体、三日に1回は遭遇します。

                      予想するに、お孫さんにプレゼントする絵本を探しにきたようなのですが、
                      音の出るおもちゃのような絵本をみたり、はたまた福音館書店のベーシック
                      な本を取り出しては戻しを繰り返したり、ちょっと冒険してポケ○ンなど
                      テレビキャラの本コーナーに行ったりと、それはもう多種多様な絵本を
                      手に取っておられるのです。

                      しかし、どれをみても「ぴりり」とこないのか、大概30分ほど絵本を物色
                      した挙げ句、消化しきれない表情を浮かべながらその場を去ってしまいます。

                      その時の私はというと、横でもう今にも「プレゼントですか?よろしければ
                      ご相談にのりましょうか」と言いそうになっているのをぐっとこらえながら、
                      その様子をただ見守っているだけなのです。

                      何とももどかしい。

                      私も経験があるのですが、「何となく」選んだ絵本では、子どもは中途半端
                      にしか読んでくれません。

                      その人の為を思って、何をあげたら喜ぶか考えて選ぶ楽しさ。
                      それが、プレゼントを選ぶ醍醐味の一つです。
                      プレゼントには、そういうストーリーがあってこそ贈り甲斐があると思います。

                      きっと、絵本を選びにきた祖父母の皆さんは、お孫さんが喜ぶベストの
                      絵本を選んでさしあげたいのだと、思います。

                      だけど、どれを選んでいいのか分からない。
                      そのお気持ちがよーく分かる分、そばでみていて本当にお力になれなくて
                      残念な思いを、三日に1回はしています。

                      そこで、そのお手伝いをさせて頂こう!と決心しました。

                      絵本専門店「絵本大好き!」では、絵本のプレゼントのご相談を承ります。
                      初めは、先着10名様までモニター価格として無料で承ります。
                      (旦し、モニターとしてご協力頂く作業がございます。内容:ちょっとした
                      アンケート、本を贈ったあとの感想、可能であれば、贈った方と贈られた方
                      (ご家族可)の画像を用意して頂くなど。詳細はメールにてご説明させて頂きます)

                      皆さんの絵本にまつわるプレゼントのストーリー、一緒に作らせてください!
                      ご予約はメールにて。→youandmexxx☆gmail.com
                      (☆を@にかえてくださいね)

                      よろしくお願いします!!


                          

                      amazon

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
                        川口結実
                      • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
                        ふくちゃん
                      • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
                        川口結実
                      • パパママかふぇ「親子で絵本を楽しむ方法講座」
                        安村秋子

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM